白ニキビは潰したほうが早く治るって本当なの?

白ニキビが顔にできるととっても気になりますよね。
芯が固くなって見えてくると潰してしまいたいという気持ちになる人も多いと思います。
実際、白ニキビは潰した方が治りが早いから潰しているという人もいるんだとか。

白ニキビは本当につぶした方が早く治るのでしょうか?

白ニキビは潰した方が早く治ることもある

結論から言えば白ニキビの芯は潰した方が早く治ります。
白ニキビはまだ、ニキビが炎症を起こしていない状態です。
その状態のうちにニキビを潰して芯を出してしまうことで、悪化するのを防ぐことができます。

皮膚科に相談すると、白ニキビや黒ニキビのうちに潰してしまうところもあるくらい、白ニキビのうちに芯を出しておくことはニキビを早く治すのに有効な事なのです。

ドラックストアにはコメドプッシャーというニキビの芯を出すための器具も販売されていますよ。

白ニキビを潰す時に気を付けたいこと

白ニキビは潰す方が早く治るということですが、潰す時に気をつけなければ、ニキビを悪化させてしまったりニキビ跡になってしまったりするので要注意です。

白ニキビを潰す時には指や器具を清潔にしましょう。
指が汚れていると潰したときにばい菌が入って、皮膚が炎症を起こしてしまうかもしれません。

また皮膚に圧力をかけすぎるのもやめましょう。
少しの力で押してみて芯が出なかったら、無理に潰すのはやめた方が良いです。
皮膚に大きな圧力がかかるとニキビ跡になってしまうので気を付けましょう。

そしてニキビを潰した後のケアも大切です。
ニキビを潰した後は毛穴が開いた状態です。
そのままにしておくと雑菌が入ってしまう可能性が高いので十分なケアが必要です。

正しいタイミングと方法で潰せば、白ニキビは早く治るということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です