ニキビを治すために食べておきたい食べ物≪栄養素別≫


ニキビを治すために効果的な食べ物があるのを知っていますか?
ニキビケアは外からの働きかけが多いですが
食べ物で体の中からニキビを改善していきましょう!

■ビタミンB6・B2

ビタミンB6・B2は皮脂の分泌をコントロールしてくれます。
ニキビを予防するのにとても効果的な栄養素です。
レバーやニンニク、うなぎやマグロ、納豆に含まれます。

■ビタミンC

赤ピーマンやパセリ、レモン、イチゴなど、野菜や果物に多く含まれているビタミンCは
ニキビの原因になる活性酸素を取り除いてくれます。
殺菌効果もあるのでニキビを治すためには欠かせない栄養素です。

■ビタミンA

ビタミンAは免疫力を高めてくれます。
外からの雑菌やウイルスの侵入を防いでくれる栄養素なので積極的に摂りたいところ。
レバーやうなぎ、春菊、小松菜、ニンジン、ホウレンソウなどに含まれます。

■たんぱく質

肉や魚、卵、乳製品、大事などのたんぱく質は
コラーゲンを生成してくれる栄養素。
ビタミンCと一緒に摂取すると吸収率が高まります。

■オメガ3系脂肪酸

水分保持力のある細胞膜を構成する主成分。
体内で作り出すことはできず食生活でも不足しがちなので意識的に摂取しましょう。
イワシやさば、サーモンなどの青魚やエゴマ油や亜麻仁脂に含まれています。

■ミネラル

亜鉛や鉄分などのミネラル体内で作り出すことができません。
新陳代謝を高めて健康な肌を保つ為には欠かせない栄養素なので
ニキビにも効果的です。

ニキビに効果的な食べ物を積極的に摂ることは
ニキビケアだけでなく健康なお肌作りにとっても良いことばかりです。
普段から意識した食事ができるといいですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です