私がニキビ体質を受け入れるまで

私の顔にニキビができはじめたのは中学生になった頃からでした。
ニキビができる場所は決まって口周りで、赤く腫れ上がった状態のニキビや中に膿を含んだ状態の化膿ニキビなどニキビの種類は様々でした。

一回ニキビができると目立たなくなるまでに時間がかかるので、その間鏡で自分の顔を見るのが憂鬱で仕方ありませんでした。

触るとひどくなると聞くので、なるべくニキビを触らないように我慢していましたが、毎日自分の顔を見ているとやっぱりニキビが気になってしまって、ダメだとわかっていても触ってしまい最終的には潰してしまっていました。

潰した直後は余計に赤く目立つようになり、いつも後悔していました。

でも潰した時の方がすぐにかさぶたが出来るので、潰さないで自然に治るまで待つよりニキビの治りが早いようでした。

潰すと必ず跡が残っていましたが、まだ若かったので肌の再生能力も高く、今現在ではその頃のニキビ跡は気になる程残っていません。

中高生の間はこのニキビができる、潰す、治る、また同じ場所にニキビができる、潰す、治る、の繰り返しでした。
CMでニキビの予防薬や治療薬を目にすると、すがるような気持ちでドラッグストアに買いに向かいました。

しかし、使用してみるものの効果は全く感じられず、思春期のうちは仕方がないと半ば諦めの気持ちで過ごすしかありませんでした。

高校を卒業して大学生活を送り始めてしばらくした時に、あれ、最近ニキビができてないということに気が付きました。
今までのニキビ肌が嘘のようにいつの間にかつるつるの肌になっていました。

それまで基礎化粧品を使ったことがなかったのですが、大学生になってから基礎化粧品を使い始めたのがよかったのか、大学生活中はニキビに悩まされることは一度もありませんでした。

再びニキビ肌に悩むようになったのは社会人になってからでした。

忙しさと疲労で何もする気力が起きず、食事は弁当やパン、化粧を落とさないまま朝まで寝てしまうという不摂生な生活を繰り返すうちに、だんだん肌も荒れてきて頬に大量のニキビができるようになっていました。

少しでも目立たないようにと化粧で隠していましたが、赤いニキビと大量のニキビでボコボコした肌は化粧では隠し切れませんでした。
この肌を何とかしたいと思っていましたが、不摂生な生活は改善できず、病院に行く時間もないまま、ニキビ肌の状態のまま過ごしていました。

約3年後、結婚が決まり仕事を辞めると、生活習慣が改善されたのがよかったのか、再びニキビが減っていきました。
ただ大学時代のように全くニキビができないという訳ではなく、今度は口周りに周期的にできるようになりました。

肌がボロボロのままウェディングドレスを着るのは絶対に嫌だったので、結婚式までにはきれいな肌になるぞと心に決め、初めて病院を訪れることにしました。
処方された飲み薬を飲んでいると全くニキビができなくなりました。

病院の力に加えてブライダルエステにも通うようになると、肌の質も良くなり、結婚式当日にはきれいな肌でウェディングドレスを着ることができました。

でも結婚式が終わって薬を飲まなくなるとまた口周りにポツポツできるようになりました。
今でも口周りにポツポツニキビがたまにできますが、もうこれは私の体質だと受け入れて今よりひどくならないように、生活習慣に気を付けて生活しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です