私がニキビ体質を受け入れるまで

私の顔にニキビができはじめたのは中学生になった頃からでした。
ニキビができる場所は決まって口周りで、赤く腫れ上がった状態のニキビや中に膿を含んだ状態の化膿ニキビなどニキビの種類は様々でした。

一回ニキビができると目立たなくなるまでに時間がかかるので、その間鏡で自分の顔を見るのが憂鬱で仕方ありませんでした。

触るとひどくなると聞くので、なるべくニキビを触らないように我慢していましたが、毎日自分の顔を見ているとやっぱりニキビが気になってしまって、ダメだとわかっていても触ってしまい最終的には潰してしまっていました。

潰した直後は余計に赤く目立つようになり、いつも後悔していました。

でも潰した時の方がすぐにかさぶたが出来るので、潰さないで自然に治るまで待つよりニキビの治りが早いようでした。

潰すと必ず跡が残っていましたが、まだ若かったので肌の再生能力も高く、今現在ではその頃のニキビ跡は気になる程残っていません。

中高生の間はこのニキビができる、潰す、治る、また同じ場所にニキビができる、潰す、治る、の繰り返しでした。
CMでニキビの予防薬や治療薬を目にすると、すがるような気持ちでドラッグストアに買いに向かいました。

しかし、使用してみるものの効果は全く感じられず、思春期のうちは仕方がないと半ば諦めの気持ちで過ごすしかありませんでした。

高校を卒業して大学生活を送り始めてしばらくした時に、あれ、最近ニキビができてないということに気が付きました。
今までのニキビ肌が嘘のようにいつの間にかつるつるの肌になっていました。

それまで基礎化粧品を使ったことがなかったのですが、大学生になってから基礎化粧品を使い始めたのがよかったのか、大学生活中はニキビに悩まされることは一度もありませんでした。

再びニキビ肌に悩むようになったのは社会人になってからでした。

忙しさと疲労で何もする気力が起きず、食事は弁当やパン、化粧を落とさないまま朝まで寝てしまうという不摂生な生活を繰り返すうちに、だんだん肌も荒れてきて頬に大量のニキビができるようになっていました。

少しでも目立たないようにと化粧で隠していましたが、赤いニキビと大量のニキビでボコボコした肌は化粧では隠し切れませんでした。
この肌を何とかしたいと思っていましたが、不摂生な生活は改善できず、病院に行く時間もないまま、ニキビ肌の状態のまま過ごしていました。

約3年後、結婚が決まり仕事を辞めると、生活習慣が改善されたのがよかったのか、再びニキビが減っていきました。
ただ大学時代のように全くニキビができないという訳ではなく、今度は口周りに周期的にできるようになりました。

肌がボロボロのままウェディングドレスを着るのは絶対に嫌だったので、結婚式までにはきれいな肌になるぞと心に決め、初めて病院を訪れることにしました。
処方された飲み薬を飲んでいると全くニキビができなくなりました。

病院の力に加えてブライダルエステにも通うようになると、肌の質も良くなり、結婚式当日にはきれいな肌でウェディングドレスを着ることができました。

でも結婚式が終わって薬を飲まなくなるとまた口周りにポツポツできるようになりました。
今でも口周りにポツポツニキビがたまにできますが、もうこれは私の体質だと受け入れて今よりひどくならないように、生活習慣に気を付けて生活しています。

早熟ニキビは最悪だった


私が体格などの成長が元々早く、ニキビが出来たのも早かったです。
小学3年生の時にはニキビが出来ていました。

周りの友達はまだ赤ちゃんのようにツルツルなお肌の子ばかりでしたから本当に嫌でした。

ニキビは主におデコに出来ていました。赤くていくつものニキビがブツブツと出来ていたのですが、前髪で隠せると思っていたので前髪が風で上に上がったりするのがとても嫌でした。

周りの友達になんでそんなところにブツブツがあるのかよく聞かれました。
本当に嫌でしたが、私は毎回「寝不足だから出来ちゃったの。」と答えて平気ふりをしていました。

小学生の頃の私は成績が良かったので遅くまで勉強しているからだと周りは勝手に勘違いしてくれてバカにしてくる男の子がいると「寝不足なんだから仕方ないでしょ。」などと、女子のお友達は守ってくれたりもしました。

守られてもどちらも大きな声で言ってきているので嫌な気持ちであることには変わりありませんでした。

さらに、その頃好きだった男の子に「なんでおデコにニキビあるの?寝不足なんだっけ?」と言われ恥ずかしくて黙ってしまいました。
しかし、その男の子は「俺も1つだけ出来たんだけどおそろいだね。」と言ってくれて今思い出すといい思い出なのですが、その時は嫌でたまらなかったことを覚えています。

誰にどんな言葉をかけられたとしても嫌だったので話題に出されたくない気持ちでいっぱいだったのだと思います。

母もニキビケアへの協力はしてくれましたが、機嫌が悪いと何故かニキビなんかがその歳で出来て生意気で気持ちが悪いと言われることもありました。
自分のせいではないはずなのに悲しい気持ちにされたりしていました。

その頃はニキビケアとして化粧水としてヘチマコロンを塗ってみたり、クレアラシルを寝る前につけたりもしていました。
また、チョコラBBののような錠剤も飲んでいたことが記憶にあります。

しかし、ニキビが改善されたようなものは記憶の中には1つもありません。
適当に答えたりもしていましたが、もちろん睡眠も大事だったと思います。

その頃は小学生なのになかなか寝付けない日も多かったのでもしかしたら本当に睡眠不足もげんいんだったのかもしれません。

中学に上がる頃になるとニキビの存在もそこまで目立つことはなくなり、周りも少しずつ肌が荒れてきていたので自分だけと思わないで済むことで安心していました。

ある日、風で熱が出てしまい3日間ほどお風呂に入ることが出来ないことがありました。
熱が下がってからパックのように洗顔フォームを顔にぬりたぐってみたことがあります。

それを3日ほど続けてみたところ何故だかわかりませんが、肌がだいぶ綺麗になりました。

何も手を加えないことが良かったのか、洗顔フォームをパックのようにしたのが良かったのか、または風邪をひいていたので安静にしてゆっくり休むことが出来たのが良かったのか正直答えはわかりません。

しかし、大人になるにつれ洗顔フォームは泡だてた泡で洗うことが大切だと聞くようになったので、もしかしてら洗顔フォームのやり方が良かった可能性もあるのではないかと考える日もあります。

ラミューテ化粧品の口コミ|女性ホルモンに働きかけるとニキビが治る?

ラミューテ化粧品は女性ホルモンに働きかける化粧品なんです。
実際に使ってみた方の口コミをチェックしましょう!

口コミ1
ダマスクローズの香りにとても癒されています。
香りもテキスチャーも自分好みで、これなら使い続けられると思いました。

使い続けていくと、肌も安定してきてニキビが出来にくくなってきました。

口コミ2
ラミューテはアルコールを使っていないし、合成着色料も使っていないので敏感肌の私でもストレスなく使えています。
浸透力がとても良いので、肌は化粧水を飲んでいる感じがします。

口コミ3
とろりとしたテクスチャーで、つけ心地が良いです。
ベタベタする感じもしません。

美容液のような感じのつけ心地なのでとても満足しています。
女性本来の美しい肌になってる感じがします。
ニキビ跡も目立たなくなってきました。

ラミューテ化粧品は月に1回必ずできるニキビにも効果的なんです。
香りとつけ心地も良いですし、保湿力も抜群に高い化粧品です。

ニキビ跡を治す自宅ケアはビタミンC誘導体がオススメ!


なかなか消えてくれないニキビ跡。
美容クリニックに行くのも、皮膚科に行くのも面倒。

どうにか自宅でケアできないかという方におススメなのが、ビタミンC誘導体です。

ビタミンC誘導体というのは、ビタミンCの作用を肌に届けてくれるものです。
ビタミンCはとても壊れやすい成分なので、良い効果を持っているのにとても勿体無い成分なんです。

そこでビタミンC誘導体の登場です。

これにより、ビタミンCの様々な嬉しい効果を肌にきちんと届けてくれることができます。

ビタミンC誘導帯は、メラニン色素を抑制してくれますし、コラーゲンを生成してくれます。

これにより肌は本来の機能を取り戻すのです。

肌が健康な状態になれば、肌のターンオーバーも正常に行われるので、ニキビ跡も次第に目立たなくなっていきます。

ということで、自宅でニキビ跡のケアをしたいという方は、ビタミンC誘導体がおすすめなんですよ。

ビタミンC誘導体が入っているスキンケア商品はたくさんあるので、ぜひチェックしてみてくださいね!